キャットフードだけでなく猫におすすめの食材も知っておこう

猫におすすめと書かれたキャットフードや食材でも与えすぎはいけない

猫に食べさせてはいけないものを知っておこう

市販のキャットフードではなく、自分で作っているご飯を猫に与える飼い主もいるでしょう。必要な栄養素を取るにはおすすめのキャットフードですが、猫への愛情が感じられないと感じる人は少なくないようです。しかし、そんな時に注意しなくてはいけないのが、猫に与えてはいけない食材です。

猫に与えてはいけない食材ランキング

エサ
no.1

ネギ科の植物は命の危険を伴う

猫にとって玉ねぎなどのネギ科の植物は、決して与えてはいけない食材になります。ネギ類に含まれる「アリルプロピルジスルフィド」と呼ばれる成分は、血液の中にあるヘモグロビンを酸化させ、溶血性貧血と呼ばれる症状を引き起こします。この現象は猫だけでなく、犬にも起こるため、ペットにはけして与えてはいけない食材ともいわれています。

no.2

骨がついている魚も危険

港などで猫が生魚をそのまま食べている姿はイメージできる人も多くいます。そのことから、そのまま魚を与えても大丈夫と思われがちですが、猫は喉や食道気管がとても細い生き物です。大きな骨などを飲み込んでしまうと、窒息や腸閉塞を引き起こしてしまうおそれがあるため、与える前に綺麗に取り除く必要があります。

no.3

甘いチョコレートも与えてはいけない

人間には甘くて美味しいチョコレートですが、その中に含まれているテオブロミンと呼ばれる物質は、猫の心臓や中枢神経系を刺激してしまいます。そのため、猫にチョコを与えてしまうと、下痢や吐き気の症状が現れ、最悪の場合は不整脈や痙攣を引き起こします。

no.4

アワビは要注意な食材

アワビに含まれるピロフェオホルバイドaと呼ばれる物質は、猫の体内に吸収されると光線過敏症を引き起こしてしまいます。そうなると、直射日光にとても過敏になります。特に体の中でも一番毛が薄い耳に症状が現れやすく、激しいかゆみを引き起こします。

no.5

栄養バランスが異なってくるドッグフード

犬と猫を飼っている飼い主の中には、ドッグフードとキャットフードの成分が同じと勘違いしている人も少なくありません。そのため、キャットフードがなくなったからとドッグフードを与える人もいますが、犬と猫では必要とされる栄養素が異なってきます。そのため含まれている栄養素も違ってくるため、栄養不足を引き起こしてしまいます。

キャットフードだけでなく猫におすすめの食材も知っておこう

猫

他にも注意が必要な猫の食事

与えてはいけない食材が多い猫ですが、それ以外にも食事で注意しなくてはいけない点があります。それは、猫の食物アレルギーです。猫にも人間と同じように食物アレルギーがあり、その症状には嘔吐や下痢など様々です。また、一度アレルギーを発症してしまうと、個体にもよりますが、完治に1ヶ月ほどかかることもあります。

猫と犬

アレルゲンを突き止めることが大切

猫のアレルギーがわかった際にはじめに行うべきなのは、アレルゲンを突き止めることです。このアレルゲンが食事からきている場合は、キャットフードなどを見直す必要もあります。また、食事以外にもホコリやハウスダストのようなアレルゲンも存在するため、原因がわからない場合は、獣医さんに相談するといいかもしれません。

食事を知ることで家族を守ることができる

猫は人間と違って、好きなもの嫌いなものを言葉にすることができません。そのため、飼い主がきちんと与えてはいけない食べ物や与えすぎてはダメな食材、アレルゲンとなりえるものを把握しておくことで、猫の健康を守ることができます。

広告募集中