広告ブランディング┃ブライヤー印刷や看板はサイズとデザインで決定

仕上がりにこだわる

握手

チラシ印刷の仕上がりにこだわるならば、専門に請け負っている業者に印刷を依頼することが大切です。葉書サイズから大きな新聞紙大のものまでいろんな形式から選択することが可能になっています。

詳細を確認する...

高い宣伝効果を

案内

企業が行っている宣伝広告法にはさまざまなものがあります。それらの中には、手提げ袋を活用したものもあるでしょう。ショップで用いられる手提げ袋の依頼を賜っているところもあるので、さまざまな材質のものをチェックしてみましょう。

詳細を確認する...

印刷の種類

握手

フライヤー印刷を依頼する場合、よく分からないというのでオススメのプランで申し込み事が多いのですが、お客さんの宣伝手段なので納得できるフライヤー印刷にしたいですよね。当然扱う商品により宣伝方法が変わるように印刷方法にも様々な選択ができます。お客さんが手に持った時に会社やお店に行ってみたいと思えるようなフライヤー印刷にしましょう。まず大事なのが、用紙サイズです。一般的には10種類あります。代表的なサイズは、A3(A4コポー用紙を2枚合わせた大きさ)、A4(一般的なコピー用紙の大きさ)、A5(A4コピー用紙を半分にした大きさ)、A6(文庫本と同じ大きさ)、A7(文庫本を半分にした大きさ)、B4(B5大学ノートや週刊誌を2つ並べた大きさ)、B5(週刊誌や大学ノートで使われる大きさ)、B6(週刊誌の半分サイズ、文庫本よりも少し大きめ)、B7(B5サイズの1/4の大きさ)、B8(B5サイズの1/8の大きさ)のサイズに分かれます。また変形サイズというオーダーにも対応でき、横: 258〜297mm × 縦: 365〜420mm の範囲で大きさを指定することも出来ます。このようなところは、ブランディング戦略を考慮した上で、チラシサイズやデザインを考慮するといいかもしれません。

次にフライヤー印刷を依頼する時の用紙の種類ですが、大きく分けて4種類になります。まずは光沢紙(コート)と呼ばれ、写真やイラストなどがくっきりと印刷されます。次にマット紙(マット)と呼ばれ、光沢が抑えられることで落ち着いた風合いが得られます。オススメと呼ばれているのが普通紙(上質)、一般的なコピー用紙に近い紙質です。ボールペンなどで書き込みが必要な場合はこの用紙です。最後に高級光沢紙(ハイマッキンレーアート)と呼ばれ、塗料が光沢紙より多く塗布されており光沢度が高く、表面が滑らかな質感です。
次にフライヤー印刷を依頼する時の用紙の厚さですが、5種類の厚さから選択できます。まずは極薄(58Kg)、新聞折込チラシなどに使われる厚さです。次に薄手(70Kg)、雑誌の中面などに使用される厚さです。光沢紙を選択すると73kgになります。次に標準(90kg)、少ししっかりとしたイベントフライヤーなどに使用される厚さです。次に少し厚手(110kg)、映画のパンフレットなどに使われる厚さです。最後に厚手(135kg)、CDジャケットなどに使われる厚さになります。
最後にフライヤー印刷を依頼する時の印刷方法ですが、2種類に分かれます。片面印刷と両面印刷です。そのまま片面か両面かを指定できカラーは白黒、カラーが選択できます。ここもあくまでブランディングに逸れてしまわないようにフライヤー印刷を行う上でこのように種類が選択することが大切です。

ネットで作成が可能

案内

誰もが目にしたことのある卓上カレンダーは、サイズがコンパクトとなっていて幅を必要としないカレンダーになっています。また、最近ではインターネットから自分でカレンダーを作ることも可能なため便利です。

詳細を確認する...